自転車通勤に係る書類作成

東京都内の事業者は、自転車通勤を禁止していない場合、平成25年7月1日以降速やかに全従業員の通勤方法等を確認し、自転車通勤者がいる場合には駐輪場の確認を行わなければなりません。
当事務所では、自転車通勤に係る規則類の整備と、従業員の通勤方法確認、自転車通勤者の駐輪場確保状況確認に係る書類作成を承っております。

自転車通勤の確認義務について

確認義務を負う事業者

自転車通勤を禁止していない東京都内の事業者(「特定事業者」と呼ばれます。)は、自転車通勤者の有無に関わらず、全従業員の通勤方法等の確認義務を負います。

確認を要する事項

  • 全従業員の通勤経路と手段、その他通勤方法に関する必要事項

    正社員・パート・アルバイトを問わず、1か月以上雇用(見込みを含む。)する従業員全員について、通勤経路等を確認しなければなりません。

  • 通勤に自転車を利用する従業員については、駐輪場所

    自転車利用が通勤経路の一部分のみであっても、駐輪場を確認しなければなりません。

主な取り扱い業務

  • 自転車通勤に係る規則類の整備
  • 従業員の通勤方法・自転車通勤者の管理に係る規則類の作成
  • 駐輪場確保の申述書の作成

根拠条例のご紹介

東京都自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例

(通勤に利用する自転車の駐車場所の確保又は確認)
第30条 特定事業者は、従業者の通勤における自転車の駐車について、規則で定めるところにより、当該駐車に必要な場所を確保し、又は従業者が当該駐車に必要な場所 を確保していることを確認しなければならない。